最近の得意料理はキッシュ、中村です。(@nkmr_husky)

災害の危険が迫っていたり、大きめの地震が起きる度に私はよくこんな感じのツイートをしています。

何らかの理由で自宅に留まることができずに、避難所・車中泊などをする場合を想定して、これを詰め込んだ犬用災害時のバッグを用意しておくといいよ〜というツイートです。

 こんな感じの想定

  • 1週間分の必要最低限のもの
  • 車中泊
    (ほとんどの自治体が開設する避難所は、ペットと一緒に建物内に入ることはできないのでとりあえず車中泊想定)
  • 中型犬・特に持病なし

私が過去に避難した際の思い出も書いたので参考にしてね〜〜!

今回はこのTwitterに書いた11個のアイテムについてもう少し詳しく書こかな〜〜と思います!

あくまで私の経験からリストアップしているので、ご家庭ごとに必要なものと不必要なものが違ってくると思いますが、何から準備すればいいか分からない!という方は、環境省の資料と合わせて参考にしてみてください。

いつものフード

いつも食べているフードを7日分、計量して保存袋に入れておきます。

うちのランさんの場合、1日の給餌量170g×7日分です。

1食ごとにきちんと計量しなければいけないワンコは、1食ごとに分けておきましょう。

量と消費期限を見える場所に書いておくことも忘れずに!

体の大きさによりますが、我が家で用意する1日分の水は約1リットル…

って、1週間分だと7リットル!!!!

現実的に考えるとそんな大量に持っていけないので、500mlのペット用の水2本をバッグに突っ込んでいます。

少ないって!!??

実はこれとは別に人間用の水をドーン!と車に載せて避難します。
足りない分はこれで補います。

人間用のミネラルウォーターを犬が摂取すると体に悪影響らしいですが、短期間なら問題ないそうです。
気になる方はペット用の水をドーン!と用意しましょう!

折り畳み食器

これは普段から使っている方が多いかもしれません。

災害発生の直後、生活用品が揃ってくるまで気づかず「あれ!?ないじゃん!!」となるのが食器です。

炊き出しが始まると紙製の使い捨て食器が使えるようになりますが、人間用とペット用は絶対に使い回さないでください。

自前の器があれば安心です。

トイレシート

これもワンコの体の大きさによりますが、我が家は大きめのワイドサイズを使っています。
なので持っていこうとすればする程場所をとってしまい、とにかくかさばります。

消耗品なので再利用はできず、ちょうどいい量というのはなかなか難しいです。

とりあえず我が家は20枚ほど入れていますが、1週間屋内で排泄させるには絶対に足りないので、なるべく迷惑にならない外で済ませてもらうしかありません。

荷物はなるべく最小限に!

ウェットティッシュ

ペット用、もしくは水が主成分の赤ちゃん用のウェットティッシュだと何にでも使えます。

拭いたり、洗ったり、色々できます。

水が貴重な状況だと出番が多くて引っ張りだこ。

名バイプレイヤーって感じです。

おむつ

避妊していない女の子や、シニアさんにとっては必需品です。

それ以外でも、どうしてもここでおしっこウンコされると困る!といった状況で使えます。

もしかしたら人間用のおむつがなくて困ってる人がいるかもしれないし、そんな時は数枚持っていればあなたはヒーローです。

ペット用も人間用も関係なく使えるものって意外とあるもんです。(ペット用のおむつは尻尾の穴開いてるけど…)

ゴミ袋

これも色々使えて便利。

ゴミをまとめたり、荷物まとめたり、水を運ぶことだってできちゃう文明の力!!

小さく畳んでストックしておきましょう!

非常時でもウンコの放置はだめ!!

予備の首輪・リード

災害発生時に破損してしまったら一大事です。

非常時とはいえ、犬をノーリードでウロウロさせておくのは条例違反だし危険です。

全ての人間が犬好きではないし、思わぬ事故に繋がります。

迷子らしきワンコを見つけたときにも使えます。

愛犬の写真・情報

もしも愛犬とはぐれてしまったら。

そんな時は「この犬知りませんか?」とベテラン刑事みたいに足を使って探しましょう。

スマホは電源が落ちたら終わりなので「紙媒体」で持っておきましょう。

おやつ

環境が変わると犬も緊張状態が続きます。

好きなおやつがあるのであれば、それで緊張をほぐせたりできれば飼い主さんの心持ちもちょっとは軽くなります。

なるべくいつもと同じようにするのがいいかなぁ、と私は思っています。

ウェットフード

ストレスを感じやすいワンコであれば食欲がなくなってしまうかもしれません。

そんな時は食欲のそそるウェットタイプのフードで切り抜けます。

あくまで、食べ慣れているものを。

賞味期限が長いものが多いので備蓄に向いてます!!

余裕があれば入れておきたいもの

防災バッグは4次元ポケットではないので、押し込むことができるものには限りがありますが、もう少し余裕があるならこれも入れておくとなお良し!ってものがあります。

ペット用ではなくて、人間用の防災バッグに入れておいてもGOODです!

常備薬

疾患があるワンコにとってはこれが最優先です。

かかりつけの動物病院に相談して、予備のお薬を出してもらえると完璧です。
厳しいのであれば、お薬の正確な名前と体重その他もろもろを記録しておきましょう。(紙でね!)

新聞紙

新聞紙はニオイを吸収してくれます。
我が家のウンコ専用ゴミ袋は新聞紙で作ったものです。

災害時はゴミ処理や取集も止まってしまって、避難所にはあっという間にゴミの山が完成します。
少しでもワンコの排泄物や臭いものに蓋をしたい場合は新聞紙でグルグルにしましょう。

新聞紙って湿気を吸うし、被るとあったかいので万能です。

食品ラップ

汚したくないもの、再利用したいものに使えます。

代表的なのはお皿です。
紙皿は基本的に使い捨てですが、ラップを敷いて使えば繰り返し使うことができます。

他にも、新聞紙でコップを作ってラップで内側を覆えば、水漏れしません。

新聞紙とラップでディナーができる!!

怪我の応急処置にも使えます。

バスタオル

怪我の応急処置、防寒、担架、目隠し、風呂敷…色々使えます。

災害は空気を読んでくれないから

まだまだ世界はコロナと戦っています。

東京都心ではまた感染者が増えてきて、少しでも油断すれば全国的に広がる状況で地方住みとしてはいろいろ心配です。

こんな状況ですが、現在進行形で災害が発生しています。

コロナだろうが、災害は空気を読んではくれません。

「犬を飼う」ということはみんなに同じように与えられた権利ではないのでどうしても、非常時は優先順位が下がってしまう存在です。

行政や団体さんが何かをしてくれると思っていると手遅れです。
悲しいかな誰もあなたのわんこを守ってくれないのですよ。

愛犬を守るのはあなただけ。

だから今すぐに、使っていないバッグを引っ張り出しましょう。

しっかりした既製品の防災バッグじゃなくても大丈夫。

まず、ひと通り詰めてみること。

一度準備してみると、足りないものやそんなに必要としないものが分かってきます。

災害は空気を読まずにやってきます。

すぐに、このブログを閉じて備えましょう!

私も皆さんと一緒に見ている景色を広げるために色々吸収しまくっています。
でも、もし間違いがあったらTwitterでも何でもいいのでご教授ください!
感想も待ってるよ!!!!

TwitterInstagramnoteも更新してるよ!
ポップなどうぶつモチーフのグッズもSUZURIで発売中です!!
めっちゃ可愛いから買ってね!