今まで使っていたハーネスが劣化してきたのでフィンランドのブランド、フルッタのウォーリアハーネスに買い換えました。

フルッタ ウォーリアハーネス カラー:コーラルカモ サイズ:45−55
モデル犬サイズ(我が愛犬ラン):首回り35㎝ 胴回り45㎝

前から気になっていたハーネスで、価格とハンドルがついている点が私的に良さげだったというのが購入理由です。

ちなみに今回はロイヤルカナンアダルト10㎏とか、ドッグウェアとか色々買ったのでペピィで購入しました。
アマゾンや楽天でもダメではないですが、稀に粗悪品や機能的でないものも出回っているのでペット関連のものは専門サイトで購入するのが無難です。

ウォーリアハーネス の特徴

  • 通気性がいい
    • 熱のこもりにくいメッシュ生地を使用
  • クッション性があって気道に優しい
    • 胸当てで衝撃を吸収でき、グイグイ引っ張る子も安心
  • カラーバリエーションが豊富
    • パークカモ、ネオンオレンジ、ネオンイエロー、スペシャルカモ、パープル、コーラルカモの6色
    • 派手めな色が多いので視認性が高い
  • ハンドル付き
    • いざという時、パッと掴んで愛犬の動きを止めることができる
  • 首回り、胴回りの調整ができる
    • ハーネス としては当たり前なので特記事項なし!

4,950から5,500円と、安すぎず高すぎないちょうど良い価格です。

装着してみた(裸モード)

まずは服を着ない状態での装着です。

両脇にバックルがついており、先に頭を通してから脇で留める構造。
作りもしっかりしていて、リードをつけるリング部分が大きくてとても優秀です。(国内のメーカーは謎にリング部分が小さくて困る…)

上から見るとこんな感じ
ハンドルが掴みやすくて便利!
他のわんことすれ違って興奮してしまったり、突然飛び出しそうになったときにパッと掴めて安心!!

ただ、ワンサイズ大きかったのか胸パット部分が緩めでスペースができてしまいます。
首回りと脇の固定している部分はしっかり調整しているのでこれ以上キツくすることも、緩くすることもできません。
かといってハーネスがすっぽり抜けてしまうわけではないのですが、少し気になるところです。
サイズ選びはめちゃくちゃ大事です。

頭を入れて装着しますが、この頭を入れる部分が少しきついように感じます。きついからとって緩めに調節するとハーネスごとすっぽ抜けてしまいます。
これもきちんと体に合ったサイズを選んだかどうかの問題だと思いますが…

重さは176g。リング部分や生地がしっかりしているので軽いとは言えませんが、丈夫だということが分かります。

装着してみた(服モード)

ハーネスのレビューなのになんで同じ色の服着せるんだって話ですね。分かりにくくてすいません。でも柄や模様のあるわんこがハーネスとうまくコーディネートするには、同系色のウェアを着ると統一感が出てオシャレですよ!

ちらっと見えるフィンランド国旗
グイグイ引っ張る子もゼェゼェしないから安心
服を着た状態だと胸パット部分のスペースはうまいことなくなる

ひとつ、留意しておかなければならないことが。といってもユーザー側の問題なのですが…

我が家はリード穴がある服を持っていないので、必然的に服の上からハーネスをつけることになるのですが、これがちょっと面倒くさいなぁと思うのです。というのも…

裸モードと、服を着たモードでいちいちサイズ調整しなければいけないということなんです。
裸モードのサイズ感のまま、服を着た状態に装着しようとしてもキツいんですね。

今時期は寒いので、ほぼ毎回防寒着を着てのお散歩です。いちいち調整する必要は今のところないのですが、臨機応変に対応したい場合はリード穴のあるウェアを着たほうが良さそうです。


ウォーリアハーネスの使用感がなんとなく分かっていただけたかと思います。
上記を踏まえて、私が感じたメリット・デメリットを挙げてみます!

メリット

  • 価格がちょうど良い
  • ハンドルが掴みやすい
  • リードを付けるリングが大きい
  • 我が家の愛犬は脚を触られるのが嫌いなので、脚を通す必要がなく、頭を通すだけ
  • カラーバリエーション豊富
  • すっぽり抜けにくい
  • 胸パットのゆるいカーブのおかげで気道が苦しくない

デメリット

  • 服の上から装着するとサイズ調整が大変
  • 撥水加工がされていない
  • 両脇部分にはクッション的なものがないので長期的に使うと皮膚が擦れてしまいそう
  • 頭が抜けないようにしっかりサイズ調整すると装着するときに少し力がいる(無理矢理ではないけどなんの摩擦もなく頭が通る感じではない)

胸パット部分の謎スペースは、きちんとわんこに合ったサイズを買えば解決できそうなのでデメリットから省きました。


探せばこれよりも高機能なものはありますが、値段と入手のしやすさを考えると十分満足のいく商品だと思います。
ちょっと胴回りとか適当に測ってしまった節があるのでもうワンサイズ下にすればよかった気もしないでもないですが、きちんと愛犬の体を計測してから購入するのが大事ってことですね!

さて、フルッタのウォーリアハーネスを購入予定の方や新しいハーネスを買おうか迷い中の方、少しだけでも参考になったでしょうか…?うまく伝わったかなぁ…
犬と暮らすみなさんのお手伝いができたら幸いです。